真実の告白

中学生の当時、部活の県大会で優勝し、成績も優秀だった僕は新聞社のインタビューを受けた。諸々ありきたりな受け答えをした後、将来はどんな仕事をしたいか、と質問された。
僕はハッキリと、弁護士です、と答えた。
本当はお笑い芸人か駄菓子屋になりたいと思っていた。
時が経ち、いま僕は僧侶となり、明日チベットへと向かう。
本当はハワイに行きたかったんだけど。