2016-08-06から1日間の記事一覧

氷の服従

スラヴスカヤは医師として働いていた。 当時女性では珍しく、そして最新の分野であった精神科を志していた。 33歳の時、モスクワから鉄道と車を使ってカラ海の沿岸へ向かった。 明けない冬を目の前にして、クリニックに辞表を出し、アパートを解約した。 …