途中

よくやった、もうやれるだけやった、たくさんの良い思い出も出来た。

もう十分じゃないだろうか、

そう思えてくることもある、

が、実はまだやりたいことが山のようにある。次々に湧き出てくる。

なので、まだ終われない。終わらない。

戦って、楽しんで、

このわんぱくなアドベンチャータイムは続く。

問題

面倒だ,複雑だ,こんな問題解決できるんだろうか,と感じても,だいたいジッと考えて手を動かしていると解決する.

それを何度か繰り返していると,いつの間にか新しい作品が完成している.

 

リリースということ

とにかくなんでも、日々何か作ったものをまとめ、世間に公開する。傍目に完璧でなくても、自分が納得していたらそれでいい。臆することなく晒す。そうすると溜まっていたカルマが燃焼する。昇華や成仏と言ってもいいかもしれない。

自らの分身として形造られた作品が、一人でに人々と触れ合い、縁を生み出す。

生活の中の混乱や、迷いや悩み、後悔や罪が染み込んだ作品が、公開され、その縁を通じて、見知らぬ誰かの”何か”になっていく。

この伝達変換のプロセスにより、自らの中に滞っていたカルマが外へと流れ出し、その結果軽くなったその身は自らを救うことになる。

階層

深いところに行く、というより、初めからある領域のどこか深いところにいて、別の領域と接している境界線に近付き、今いる領域のより浅いところにへ浮上する、というイメージ

余力

ジャンクフードは贅沢品である.

嗜好品も同じく,安物の酒,無駄にふかすタバコ,レジャードラッグもそうかもしれない.

油分と塩分の塊,合成糖類にカフェイン,ニコチン,自律神経を無視した過活動.

これらは身体と精神の余剰によって消化されるものだ.余裕がないときには楽しめない.それどころか,ときには全く持って受け付けない.

日頃から身体と精神の中にそうした余裕を残せるよう,ある程度節制して鍛えておかないと,こうした”贅沢”はできない.

手間のかかった旨いものはいつ摂取しても旨い.身体に余裕がなくても,栄養となって満足を与えてくれる.作り手の経験と知識と技術が,身体と精神の方に合わせて成型してくれているからだ.家庭での時間をかけた料理や優秀なシェフのいるレストランでのオーダー,オーガニックやらブランドやら.

 

無駄,ジャンクは贅沢であり,非日常を埋め尽くす.

 

夜通し不健康な地下パーティで,ランダムな出会いや貴重で特別な経験をしたければ,それを吸収できる器と体力が必要なのだ.朝方のシメのラーメンで心地よい眠気にもたれて夢見ごごちでベッドに入るには,臓器と神経がタフである必要がある.

そうした”贅沢”は,気をつけなければときに病気の原因となって,ついにはコカコーラすら飲めなくなる.

余剰のための余力を残すことができているのは,自らの生活がコントロールできていて,心身が充実している証拠なのだ.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予言者

医師から余命1カ月と告げられたガン患者がちょうどその1か月後に亡くなった。

大体どんなストーリーでも、予言者が現れた時にはもう遅い。

彼は余命を告げられた後、末期病棟に移り病室で山のように積まれた漫画を読んで過ごしていた。

死ぬことが分かったからと言って、体は動かない、行ってみたかったところに行ったり、やり残したことをやれる余力はない。食べたかったものを食べたくても、臓器がすべて壊れている。会いたかった人に会いに行く体力はもうない。

病室でひとり、眼を閉じたら二度と起きないかもしれないその死の際で、残された僅かな人生で、やれることなど殆どないのかもしれない。

あの世への待合室で、どう暇をつぶすか。

のんびり考えようにも、予言者が現れて時にはもう遅いのだ。

 

 

パラレル

33歳、男性、地方公務員、既婚、1歳と2歳の子供がいて、持ち家に住む。

両親ともに教員の家庭で不自由なく育つ。

中高学生時代は成績優秀、スポーツを好み、性格も安定していて、学生や教員からの人望もあった。

高校卒業後10代後半から認定難病を発症。治療を続けていた。

都内の大学卒業後地元で公務員となり、仕事を続けていた。

 

32歳のとき末期ガンであることが判明。発覚した時には複数の臓器に転移しており、手の施しようがない、と言われていた。それまでの検査では見つからなかった特殊な症状だった。

 

望みをかけて抗がん剤治療を開始したが、症状は悪化、半年で中止。その後は進行を見ながら療養していた。

 

33歳、家族との旅行先で倒れ救急搬送。2度の緊急手術の後、担当医師から余命1カ月と伝えられる。

 共通の知り合いから重症の事実を伝えられ、見舞いに行く。

 

もうあとはその時が来るのを待つだけだ、と病床で語っていた。

 

その後、術後の容体が安定し、旅行先で搬送された病院から、自宅近くの病院へ転院。終末期治療へ入る。

 

彼が余命を告げられた時期からそろそろ1カ月が過ぎようとしている。

 

深夜、伸びた手の爪を切りながら、ふと彼の人生を思った。