isora

南極大陸の氷の下で一枚の金属板が発見された.地表から約3000mの深さで,地下掘削調査の折,偶然見つかったものだった.

20cmx20cmほどの大きさで厚さは1cmほどだった.

その金属板には未確認の文様が刻まれており,何かしらの言語,文字のように思われたが,一致する既存言語は存在しなかった.

その文字は72の規則的に区切られたセルの中に配置されており,文章と言うよりは図表のようだった.

その金属板は科学的解析のため日本のある研究所に送られたが,その解析を担当していた一人の研究者と共に行方を眩ましてしまった.

一連の出来事は,行方不明の研究者の名に因んでisoraと名付けられ,ロシア,日本,米国の一部のみに共有され,以降極秘とされた.

1992年のことである.

 

2007年,あるネットワークストレージに,数メガバイトの一連の数列からなるisoraと題されるファイルがアップロードされた.ファイル共有システムに偶然接続された極東に位置する古い磁気ディスクからアップされたものだと思われたが,ある人物がアクセスしダウンロードした直後,ネットワーク上から消去された. 

 

2017年,isoraと題されたある芸術作品が,アジアのある国で開催された芸術祭で発表された.映像と音響からなるこの作品は,20分の間約100名の観客に披露された.

作者は日本人で,ある国立研究機関に属している人物だった.

その後,観客のうちの3分の2と,作品の発表に関連した関係者10名が変死もしくは行方不明になるという事件が発生する.警察と軍が調査を開始するが,原因は不明のままだった.

事件後の調査で,作者が芸術祭のインタビューで,南極で発見された金属板について言及していたことが判明したが,公式の記録には残されていなかった.

ティスエ・アシュプール

コンピューターおばあちゃん コンピューターおばあちゃん
イェイ イェイ プログラムOK !!

「子孫たちよ 中央政府の攻性防壁を超えて 

我がROM構造物にアクセスせよ」

上がる

サッカー界の生ける伝説、三浦知良。彼と姓名の読みが同じということでキング・カズと呼ばれていたミウラくん。

小学校の同級生。内気で、太っていて、マンガとアニメが大好きで、よくいじめられていた。スポーツは全然ダメだった。

彼は、ある体育の時間、サッカーの試合があった時、カズなのにキーパーかよー、まああいつじゃあしょうがねえかーなんて相手チームに言われながら、ゴール前に佇んでいた。彼は走るのが苦手だったし、太ってるし、デカければ壁になるやん、という理由で、ポツンと立たされ、心細げだった。みんなはゴールを決めて目立ちたくて仕方なかったから、ドンドン走って攻めていった。オレにパス出せモード。

当然そんな勇み足が裏目に出て、いきなり相手チームのカウンターを食らってしまった。

相手ストライカーが一気に攻め上がる。ミウラくんと1対1、みんな心底1点取られたと思った。ミウラに止められるわけがない。ため息と歓声が混じっていく。

ボールが遠くなる。

刹那、砂埃がグラウンドを舞った。

ミウラくんは相手のストライカーの足元に飛び込み、ボールを抱え込んでいた。

止めた。

一瞬みんなが固まった。

ただ一人、彼は力一杯そのボールを投げ返していた。どこへ目がけるでもなく、ただ投げた。

 

ワンバウンド、センターライン。

ボールは僕の前にあった。ワントラップして走った。カウンターからのカウンター。

気がついたらゴールを決めていた。

歓声上げてミウラくんの元へ走った。みんなもついてきて、輪になって抱き合った。ミウラくんはとても嬉しそうに、でも控えめに、やった、と言っていた。

楽しかったな。

メディアがサッカーを取り上げるのを目にする度、あの頃のおれたちのキング・カズが砂埃から現れた姿を思い出す。

カッコよかった。

 

 

 

従量

23kgまで、って、でもこっちは隣りのカウンターにいる90kgありそうな汗かきオジさんや、さっきのヒップ150cmありそうなオバさまよりたぶん30kgくらいも軽いんですよ体重。でも預け荷物は同じ重さ、同じ金額のエコノミー。オジさんやオバさまの荷物が軽いとしても、飛行機に乗っかってる総重量で言えばきっと私のほうが計20kg位は軽いわけ。なんなら私、平均体重より10kg以上軽いんですよ。総重量からして燃費はお得でしょ。16時間のフライトでどのくらい熱量に差が出るとおもう?だから、その超過してるっていう3kgくらいまだ余裕、こっちの割引の範囲内ってこと。そう思えない?はい、でしょう、じゃあOKね、ありがとう。