従量

23kgまで、って、でもこっちは隣りのカウンターにいる90kgありそうな汗かきオジさんや、さっきのヒップ150cmありそうなオバさまよりたぶん30kgくらいも軽いんですよ体重。でも預け荷物は同じ重さ、同じ金額のエコノミー。オジさんやオバさまの荷物が軽いとしても、飛行機に乗っかってる総重量で言えばきっと私のほうが計20kg位は軽いわけ。なんなら私、平均体重より10kg以上軽いんですよ。総重量からして燃費はお得でしょ。16時間のフライトでどのくらい熱量に差が出るとおもう?だから、その超過してるっていう3kgくらいまだ余裕、こっちの割引の範囲内ってこと。そう思えない?はい、でしょう、じゃあOKね、ありがとう。

quate

"魂を危険にさらすべき時は“OK”と言わねばならない。“この世界の一部になろう”と。"

 

"A man would have to put his soul at hazard. He'd have to say, "O.K., I'll be part of this world.""

 

 

- No Country for the old man

途中

よくやった、もうやれるだけやった、たくさんの良い思い出も出来た。

もう十分じゃないだろうか、

そう思えてくることもある、

が、実はまだやりたいことが山のようにある。次々に湧き出てくる。

なので、まだ終われない。終わらない。

戦って、楽しんで、

このわんぱくなアドベンチャータイムは続く。

問題

面倒だ,複雑だ,こんな問題解決できるんだろうか,と感じても,だいたいジッと考えて手を動かしていると解決する.

それを何度か繰り返していると,いつの間にか新しい作品が完成している.

 

リリースということ

とにかくなんでも、日々何か作ったものをまとめ、世間に公開する。傍目に完璧でなくても、自分が納得していたらそれでいい。臆することなく晒す。そうすると溜まっていたカルマが燃焼する。昇華や成仏と言ってもいいかもしれない。

自らの分身として形造られた作品が、一人でに人々と触れ合い、縁を生み出す。

生活の中の混乱や、迷いや悩み、後悔や罪が染み込んだ作品が、公開され、その縁を通じて、見知らぬ誰かの”何か”になっていく。

この伝達変換のプロセスにより、自らの中に滞っていたカルマが外へと流れ出し、その結果軽くなったその身は自らを救うことになる。

階層

深いところに行く、というより、初めからある領域のどこか深いところにいて、別の領域と接している境界線に近付き、今いる領域のより浅いところにへ浮上する、というイメージ

余力

ジャンクフードは贅沢品である.

嗜好品も同じく,安物の酒,無駄にふかすタバコ,レジャードラッグもそうかもしれない.

油分と塩分の塊,合成糖類にカフェイン,ニコチン,自律神経を無視した過活動.

これらは身体と精神の余剰によって消化されるものだ.余裕がないときには楽しめない.それどころか,ときには全く持って受け付けない.

日頃から身体と精神の中にそうした余裕を残せるよう,ある程度節制して鍛えておかないと,こうした”贅沢”はできない.

手間のかかった旨いものはいつ摂取しても旨い.身体に余裕がなくても,栄養となって満足を与えてくれる.作り手の経験と知識と技術が,身体と精神の方に合わせて成型してくれているからだ.家庭での時間をかけた料理や優秀なシェフのいるレストランでのオーダー,オーガニックやらブランドやら.

 

無駄,ジャンクは贅沢であり,非日常を埋め尽くす.

 

夜通し不健康な地下パーティで,ランダムな出会いや貴重で特別な経験をしたければ,それを吸収できる器と体力が必要なのだ.朝方のシメのラーメンで心地よい眠気にもたれて夢見ごごちでベッドに入るには,臓器と神経がタフである必要がある.

そうした”贅沢”は,気をつけなければときに病気の原因となって,ついにはコカコーラすら飲めなくなる.

余剰のための余力を残すことができているのは,自らの生活がコントロールできていて,心身が充実している証拠なのだ.